手洗い自動給水 排水側更新

手洗い自動給水 排水側更新

前回の記事で給水側の更新まで紹介しました。今回は続きで、排水側の更新になります。

これらの排水設備を更新します。

まずは古い排水管の撤去からです。

トラップを外します。

洗面器側と排水側のナットを緩めます。

外れました。ちなみに、排水が詰まった時はこのトラップをこの様に分解して清掃したりします。

床下に繋がっている排水管を外します。配管を掴んで引っ張り上げると外れます。

床下の排水管に着いているゴムパッキン?ブッシング?も外します。

次に洗面器側です。

こちらも洗面器下のナットを緩めて外します。

ナットが外れると引っ張り抜く事ができます。

これで既存の古い排水管の撤去が完了しました。

では、新しい排水管を設置して行きます。作業は撤去した手順と逆になるだけですのでさほど難しくはありません。

新しい排水口金具を洗面器に差し込んで

ナットで締め付けます。間に挟むパッキンの向きは施工説明書通りに合わせています。

次にポップアップのリード線が付いている排水管を接続します。

こちらもナットで固定します。

リード線のコネクターを給水の蛇口に接続します。

差し込むだけです。

これでポップアップが使える様になります。

排水口を開けたり閉じたりできるか確認します。

今回はこのまま作業を続けましたが、ここでポップアップがちゃんと効くか、排水口を閉じて洗面器に水を溜めて確認しても良かったと思います。(今後、同じ作業をする時はここで、ポップアップの確認試験とオーバーフローの排水試験をしたいと思います。問題があればすぐに修正ができるので)

次に床下の排水管に洗面の排水管を接続します。

新しいゴムパッキンを取り付けます。

排水管を、このゴムパッキンに差し込むだけですが、なかなか入りません。ゴムパッキンの入り口が古いゴムパッキンより狭く作られています。(そのかわり密着度は上がっていると思います)

無理やりねじ込んで、パッキンを破ってしまわないように排水管の差し込み部分に石鹸を塗って滑りを良くして差し込むと、すんなり入ってくれました。

後、差し込む前に忘れずに接続箇所を隠すカバーを排水管に通しておきます。

最後にトラップを接続します。

床排水管側からトラップをナットで接続して、床排水管の差し込み深さと洗面器側の排水管の差し込み深さを調整します。(今思えば、先に洗面器側の排水管にトラップを接続して、床排水管側の差し込み深さで調整した方が、作業し易かったと思います)

何かと反省点がありましたが、排水側の更新作業がほぼ完了しました。

さっそく機能に問題がないか試験します。

洗面器に水を溜めて、漏れる事がないか確認します。

次に、水を溜めたままで給水させて、オーバーフローさせます。

洗面器から水が溢れる事無く排水している事を確認します。

試験の結果は、特に問題ありませんでした。

最後に、施工説明書に記載されていたので排水口の固定ナットのネジ山部分に、メジシールを施します。

これで、全ての作業を完了しました。設備が新しくなって気持ちがいいです。

私自身、この自動給水設備の更新作業はした事が無く初めてでしたが、施工説明書通りにやればそれ程難しくはありませんでした。

今後、同じ作業が発生した時は今回の反省点を生かしてもっとスムーズに作業できると思います。

では、自動給水設備の更新作業はこれで完結です。

お疲れ様でした。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

ブログランキング参加してます。
にほんブログ村