不良FHT蛍光灯 中古安定器 と交換

不良FHT蛍光灯 中古安定器 と交換

この記事のタイトル、本当は

「財布の紐がカテナチオ並みに堅守な元請けが、壊れた蛍光灯をLEDにしてくれるはずが無いので、仕方なく倉庫にたまたまあった中古品と交換しました」

と、銘々しようか迷った私です。

ある場所で当ビルの得意技、漏水が発動しました。(古い排水管から)

その排水管の下に設置されていた運の悪い蛍光灯DL(ダウンライト)が水を浴び犠牲となりました。

という訳で、亡骸を天井から取り外し、ご冥福をお祈りしたいところでしたが、LED化しない!ということで、蘇生を試みることになります。

心臓部である安定器が壊れています。

交換が必要ですが、倉庫に新品のFHT用安定器はありません。

倉庫の奥にある撤去品コーナーを探してみます。ありました!

中古のFHT蛍光灯DLです。

いつどこで誰が撤去したものなのか不明なので、使えるのか点灯試験をし無事に点灯を確認しました。

DLのサイズが同じであればそのまま使えるのですが、仕様が少し違うようです。

上が水没したDL 下が中古の在庫品

なので、安定器のみ載せ替えることにします。

まず、中古の安定器を器具本体から取り外します。

プラスネジで固定されているだけなので、緩めれば外せます。

次に、電源線と蛍光灯管球への線を抜きます。

差し込み式ですので、精密マイナスドライバーで抜けます

もちろん抜く前に、配線の確認をしておきます。

黄色と灰色、白と青がそれぞれペアになってます。

中古安定器、取り外し完了です。

次は、水没DL側の故障安定器を同様に器具本体から取り外します。

漏水を浴びたことで、基盤がやられているのが外観で確認できます。

撤去完了です。

中古安定器を載せてみます。

安定器のサイズが既存のよりもコンパクトだったので、鉄キリで新たに穴開けをし、ビスで固定しなきゃかな~。なんて考えていたのですが、メーカーが同じだからでしょうか?

ぴったりな位置に、既に穴が開いています。加工の必要はなさそうですね。

安定器を移植してしまう前に、念のためにソケットの導通確認をしておきます。

電線4本とも問題なしでした。

では、電線を繋ぎます。

ソケット側

電線側

繋ぎ込み完了です。

後は、安定器を器具本体に固定して

安定器移植、完了です。

最後に、点灯試験を実施します。

問題なく点灯しましたね。

復活です!!

では、お疲れ様でした。

このような作業をしている時、いつも思うことがあります。

私の場合、最悪ミスしても「物」が壊れるだけで済みます。(新しくしてしまえば解決)

ただ、お医者さんは「人」を扱っているのでミスが許されません。(代わりはない)

いやー、そう考えると気楽な作業です。